Japanese | Global

バブルクラッシャー ASTシリーズ

当社独自のグリース攪拌循環システムです!

特許取得済【PAT.No.4951546】

■混入気泡による未塗布でお困りでは?
グリースに混入している気泡は、ディスペンサ(定量弁)からの未塗布を引き起こします。
■油分分離による作動の不良でお困りでは?
グリースの油分離は、含有固形粒子の濃度が不均一となります。グリースポンプやディスペンサ(定量弁)の作動不良を及ぼします。
■残グリースの処理にお困りでは?
残ったグリースを集めて使用すると、エアー混入の原因となります。また、缶内に残ったグリースを廃棄するには、産業廃棄物処理としてのコストが発生
塗布ライン中に、バブルクラッシャー(循環システム)を導入することで、改善することができます。
バブルクラッシャー(循環システム)を導入することで廃棄グリースのリサイクルが可能になります。(処理コストを削減)
●バブルクラッシャーユニット
バブルクラッシャーユニット バブルクラッシャーユニット外形図
●バブルクラッシャー

バブルクラッシャー AST-02形

バブルクラッシャー AST-02形

バブルクラッシャー AST-04形

バブルクラッシャー AST-04形

●攪拌循環システム構成図

バブルクラッシャーをポンプから定量弁の間に設置します。定量弁からペール缶への戻り配管を設け循環回路を構成します。※バブルクラッシャーから定量弁間の配管は、出来るだけ短くしてください。

バブルクラッシャーASTシリーズ 攪拌循環効果

●攪拌循環効果

(※効果はグリースの正常によって異なります。事前の検証をご希望される場合は、別途お問い合わせください。)

バブルクラッシャーASTシリーズ 攪拌循環効果