Japanese | Global

定量弁 CVMシリーズ

定量弁CVMは、パイロットブロックとメインブロックは分離型です。パイロットブロックをそのままにして、メインブロックの交換だけで、吐出量を変えることができます。

定量弁CVMの、販売は1口単位になります。またタイボルトにより4ブロックまで一体形として組み合わせることができます。

定量弁CVMは、大・中・小の定量弁を同一組立品とすることができます。

定量弁CVMのパイロットプランジャは復働形です。そのため、エア電磁弁は5方弁を使用してください。

●CVMシリーズのラインナップ

  • CVM-03、CVM-10、CVM-50、CVM-100、CVM-200など。
  • ※主な仕様・外形図など詳細につきましては、カタログ・ダウンロードをご利用下さい。

●CVMの作動説明

  • 1 待機
  • 電磁弁が0FFの状態で、エアーシリンダの下側(B)からエアーが入り、上側(A)は大気に開放されています。メインプランジャは、受圧面積の差によって最上点で停止しています。
  • この時、グリースは入□から入ってメインプランジャの下側に流入し、充満します。
  • 2 パイロットプランジャ下降
  • 電磁弁が0Nすると、エアーシリンダの上側(A)からエアーが入り、パイロツトプランジャは下降します。
  • これにより、入□から入って来たグリースは上側の通路を通って、メインプランジャの上側に流入します。一方、メインプランジャの下側通路は吐出□に通じるようになります。
  • 3 吐出行程
  • 吐出口は、大気に開放されていますので、メインプランジャはグリースの圧力で降下し、下側に充満していたグリースが吐出されます。

  • 4 パイロットプランジャ上昇
  • 電磁弁が0FFになると、エアーシリンダの下側(B)からエアーが入り(A側は大気に開放)ますので、エアーピストンと共にパイロットプランジャが上昇します。
  • これにより、入□から流入したグリースはメインプランジャの下側に入り、受圧面積の差でメインプランジャが上昇します。
  • この時、吐出□に溜まっていた流体が上方向に引き戻され、タレを防止する。(サクションバック機能)

●システム構成図