Japanese | Global

大型設備用給油装置 一元式グリース給油装置

一元式グリース給油装置(デュアルライン)は 大型設備向け給油装置です。

2本の主管で任意の距離までグリース・オイルを圧送します。給油は主管から分かれた枝管で行います。

圧延ライン、高炉、発電所などのプラント設備、工場設備の潤滑を自動化・集中化します。

使用例

圧延機械 輪転機

製鉄・圧延機械及び付帯設備、プレス、クレーン・コンベアおよび各種荷役機械、発電所用水車、ゲート機械、化学工業用機械、飲食品工業用機械、鉱山用機械、製紙機械、工作機械、建設機械、船舶機械およびドレッジャ、繊維機械、印刷機械、その他各種機械および装置に適用可能です。

メリット

IHI給油装置を使用することにより、次の利点が得られます。

  1. 給油作業の省力化
  2. 給油作業のための機械停止時間が不要
  3. 危険の防止
  4. 給油漏れの防止
  5. 給油量の適正化
  6. 動力の節約
  7. グリースに異物混入の防止
  8. 軸受寿命の延長

以上の利点によって得られる、労力・動力の節減、グリースの節約、ベアリングの寿命延長、稼働率の向上などによって、給油装置の原価償却は短期間に実現されます。また、生産管理・安全管理・品質管理の面からも効果的な装置です。

特長

  1. 給油量の調節、給油箇所の増設が容易です。工場内の自動給油化、集中給油化に最適です。
  2. 構造がシンプルで、給油設計が容易です。
  3. 安全・安心・品質の国内生産です。
  4. メンテナンスサービス対応店によるメンテナンス体制も整っています。

選定表

給油口数
(箇所)
配管距離
(m)
駆動
方式
配管
方法
油路
切換
方式
型式 吐出圧力 分配弁 コントローラ
200~1700 140~230 電動式
200V
400V
(異電圧は巻替えて対応致します)
エンド 電磁切換弁と圧力調整弁による自動切替方式 EPA-25E
EPA-4E
EPA-45E
EPA-5E
グリース
・20.6MPa
(200kg)
・9.8MPa
(100kg)

オイル
9.8MPa
(100kg)
VS型
VW型
FTS型
FGT型
100~1700 100~230 ループ 油圧切換弁による油圧式自動切替方式 EP-11L
EPA-25L
EPA-4L
EPA-45L
EPA-5L
ループエンド(ショートループ) EP-11L-E
EPA-25L-E
EPA-4L-E
EPM-231
40~80 50~100 手動式 手動切替方式 MP-11*
MP-12*
-
  • 使用温度:マイナス20℃~プラス70℃(結露無きこと)
  • ただし油脂によっては、使用できない場合があります。(特に0℃以下は、低温用グリースを推奨します)

作動原理

一元式茶道原理
  • 主な構成は、給油ポンプ、分配弁、配管からなっています。
  • 簡素な構造で、分配弁は確実な計量分配機能を持っています。
  • 圧力作動方式で、ポンプが任意の圧力まで上昇したことで、給油を保証します。

機能説明

電動ポンプ

エンドタイプ配管方式

エンドタイプは、主管がポンプから出て終端に圧力調整弁を取り付ける行き止まり方式です。

給油箇所が比較的一直線上に長く配列されている場合に利用されます。

エンドシステム EPA-4E
配管例 EPA-4E
型式 タンク容量
(L)
吐出量
(cc/min)
サイズ
(mm)
ポンプ
重量
(kg)
EPA-25E
EPA-4E
EPA-45E
EPA-5E
25
40
90
70~708 最大
約L800xW500xH1,875
(Hは、レベルロッド最長時)
180~260
(タンク空時)

ループタイプ配管方式

ループタイプは、主管がループを画いて設置されることから、給油箇所が比較的1箇所に集まっている場合に利用されます。

ループシステム EPA-25L
配管例 EPA-25L
型式 タンク容量
(L)
吐出量
(cc/min)
サイズ
(mm)
ポンプ重量
(kg)
EP-11L
EPA-25L
EPA-4L
EPA-45L
EPA-5L
6
25
40
90
40~708 最大 約
L800×W500×H1,875
(Hは、レベルロッド最長時)
35~260
(タンク空時)
  • EP-11L, EPA-25L, EPA-4L型はループエンドタイプへ変更可能です。

手動式(ループエンドタイプ配管方式)

手動式は、保守要員のいる部門で使用されます。各種産業機械に適用され好成績を発揮します。

ループエンドタイプは、構成はループタイプと同じですが、比較的小規模の設備に適した配管方式です。

手動ポンプシステム MP-112P MP-123
配管例 MP-112P MP-123
型式 吐出圧
(MPa)
吐出量
(cc/ストローク)
タンク
容量(L)
サイズ
(mm)
ポンプ重量
(kg)
MP-112
MP-113
MP-116
9.8 8.4 2
3
6
最大
L240
W225
H1,054
(Hは、レベルロッド最長時)
最大 19
(タンク空時)
MP-122
MP-123
MP-126
20.6 4.8
  • MP-11*, MP-12*は別売りのアタッチメントセットⅢ型でワンウエイ(シングルライン方式)に変更可能です。

ダイレクトポンプ

ダイレクトポンプ
EPM-231L
型式 吐出量
(cc/min)
タンク容量
(L)
サイズ
(mm)
ポンプ重量
(kg)
EPM-231 40, 50Hz時
48, 60Hz時
ペール缶
16, 18
最大 約
L650×W440×H930
(Hは、最大値)
68
EPM-232 70, 50Hz時
84, 60Hz時

分配弁

V型分配弁

VS-4 VW-34
VS-44 VW-34
型式 サイズ
(mm)
重量
(kg)
吐出口数 吐出量
(cc/ストローク)
VS-30
VS-40
VS-50
VS-60
最大 約L144×W38×H106
最大 約L144×W38×H125
最大 約L165×W42×H136
最大 約L108×W57×H153
最大 2.6
最大 3.0
最大 3.9
最大 4.0
1~10 0.2~28
VW-10
VW-30
VW-50
最大 約L113×W46×H88
最大 約L176×W46×H101
最大 約L161×W57×H136
最大 2.2
最大 3.7
最大 5.6
0.03~5
  • 吐出量の調整は指示棒ケース内の調整ネジでおこないます。
  • ネジ込んで主ピストンのストロークを小さくすると吐出量は少なくなります。
  • 調整後はロックネジで十分固定してください。

メンテナンスやご注文など各種ご用命は各地区代理店をご活用ください。
各地区代理店連絡先