Japanese | Global

定量供給装置 用語集「ハ行」

  • ハンドガン:ハンド ガン(Hand Gun)
  • 一般に、部品のグリース塗布を手動で行う時に使うもので、特にグリースの定量性に拘らず、塗布インターバルが長いため自動化するほどでない場合に使用される。IHIでは「ハンディー塗布ガン」と言う製品名で販売しているが、略して「ハンドガン」と呼んでいる。※HV−2
  • バレル:バレル(Barrel)
  • 粘性液を入れる容器で、注射器の本体のような形状をしている一般に、シリンジと呼ばれているもの。【類義語】シリンジ
  • パスカルの原理:パスカル ノ ゲンリ(Pascal’s law)
  • 流体に関する定理・法則の一つ。流体の1個所に圧力を加えると、流体の全ての点にその圧力がそのまま伝達される。これを「パスカルの原理」、あるいは「圧力伝達の法則」と言う。
  • パスカル(B.Pascal, 1623〜1662年、フランス)によって発見されたところから、この名が付けられた。
  • ハーゲン-ポアズイユの法則:ハーゲン ポアズイユ ノ ホウソク(Hagen-Poiseuille’s law)
  • 半径がR, 長さがLの円管を通して粘性(流体どうしの間に摩擦が働くような流体の性質)のある流体が一定時間内に流れる量Qは、
  • で与えられる。つまり、「Qは、半径Rの4乗に比例し、管の両端の圧力勾配(P1−P2)に比例し、管の長さLに反比例し、粘性係数ηに反比例する」。これを「ハーゲン−ポアズイユの法則」と言う。単にポアズイユの法則と呼ばれることもある。ハーゲン(G.Hagen)が1839年に、ポアズイユ(J.Poiseuille)が1840年に、それぞれ独自に、実験的に見出した。

  • 非ニュートン流体:ヒ ニュートンリュウタイ(Non-Newton’s Liquids)
  • グリース、コロイド分散液、高分子溶液などの複雑な構造を持った液体を総称して、非ニュートン流体という。【関連語】ニュートン流体

  • フィラー:フィラー(Filler)
  • 粘性液の中に入っている充填材(固形物)を言う。時に、定量弁が不作動する原因になることもある。
  • プランジャ:プランジャ(Plunger)
  • ピストンとも言う。ACV形定量弁には、メインプランジャとパイロットプランジャがある。
  • メインプランジャは、粘性液を押出すもの。パイロットプランジャは、注入口とメインプランジャ及びメインプランジャと吐出口の回路を切換える役目を持っている。
  • フォローワプレート:フォロー ワプレート(Follower Plate)
  • 空圧式ポンプに付属しているもの。缶の粘性液上面に載せ、液面を平滑にしながら空気の層を遮断するもので、ポンプのサクションチューブをガイドにして液面と共に下降する。
  • 複動形:フク ドウ ガタ(Double Acting Type)
  • エアーシリンダーの作動方式の一種。電磁弁等のエアーバルブを操作することにより、押側(前進)も引側(後退)もエアーの力で作動するもの。空圧式ポンプ及び一部の定量弁にこの方式のエアーシリンダを採用している。【参考語】単動形 ・ACG−※、ACP−※、CVM−※、ACV−※DD
  • ブロックプレート:ブロック プレート(Block Plate)
  • ACV形定量弁用マニホールドに使うもの。将来増設を考えて、マニホールドの口数を多くしておく場合、増設予定個所に盲板として取付けておくもの。あるいは、マニホールドに付いていた定量弁が使用しなくなった時、その部分に取付けるもの。
  • ・MC※−001…ACV-001及びACV-002用 ・MC※−010………ACV-010用

  • ペースト:ペースト(Paste)
  • 鉱物油または、合成油をベースに2硫化モリブデンなどの金属紛を添加したもの。耐荷重性が高い。
  • 金属紛の含有量が数10%と多いため、比重が1より重い。流動性に問題がある場合がある。
  • ペンタイプノズル:ペンタイプ ノズル(Pen Type Nozzle)
  • ペン形をした塗布ノズルで、手で握って塗布する工具。定量弁と組み合わせて使うもので、本体にスイッチが付いている。スイッチと連動して定量弁を作動させる。先端には、ニードルまたは、ハケを付けて使用する。